オカリナでのビブラートのかけ方と練習方法 [オカリナ雑感&How-to]

オカリナのテクニックに関しての質問で多いのは
なんといっても「ビブラート」です。

これが、なかなか言葉では説明しずら~い

僕の場合は他の管楽器経験からか意識せずとも
なんとな~くビブラートがかかってしまうのです。

ビブラートをかけ過ぎちゃうとオカリナの素朴な
音色を台無しにしてしまう可能性もあるので...
僕は控えめにしてます。

さて、ビブラートのかけ方と練習方法

ただ一朝一夕で習得できるもんじゃ~ないので...。

以下はあくまでも「僕流」

※実演を録音したので参考にされてください。
(わざとらしく吹きすぎて音程がズレちゃってます..スミマセン)

ビブラートは喉でかけるという説を説く人もいるけど
僕はやっぱし「横隔膜」が重要だと思ってます。

①まずは「オーッ」、「オーッ」、「オーッ」とタンギングせず、
 横隔膜圧(複式呼吸)を使って音を区切る感じでオカリナに
 息を入れてみてください。(口先で吹くのではなくお腹から!)

音程は気にしないで(今は)

所謂、短呼吸の繰り返しです。
※楽器が無くてもこの短呼吸を繰り返すことが訓練になります。

②はじめは長めで、だんだん「オーッ」を短くしていく。
 「オーッ」から「オッ」、「オッ」へ

「オッ」、「オッ」の周期を更に短く! あくまでも
複式呼吸の一環として

③今度は短く区切きっていた1音、1音を全て繋げてあげる。
 ※これが難しい...。

④最後は一連の流れのなかで音の揺れ幅を自由にコントロール

うーん...難しいですかね~。

ぜひ、地道に練習してみてください。
コメント(3) 

コメント 3

にしまさ

実際のオカリナ音つきなので説明がわかりやすいです。
参考にして練習してみます。
by にしまさ (2014-05-01 09:48) 

arata

にしまささん はじめまして
ちょっとでも参考にしていただけたら幸いです~
また、気軽に訪問&質問してくださいね。
by arata (2014-05-02 10:07) 

ナガタ(2017.08.22)

オカリナを初めて5か月です。オカリナの音色に癒されていますが、更に、ビブラートをつけた演奏にチャレンジしてみます。本当に助かりました。ありがとうございました。
by ナガタ(2017.08.22) (2017-08-22 19:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

ルミガン
ラシックス