オカリナという楽器のイメージは・・・ [オカリナ雑感&How-to]

最近、オカリナのライブ(ストリート、
室内共に)を積極的に見るようにしている

聞くじゃなくて・・・なぜ「見る」
なのか

若年層にも刺さるパフォーマーの存在を
発見したかったから

女性の演奏は華やかでインパクトもあるが
どうしてもクラシックの延長線上になり
がち

既存オカリナ団体の演奏会とかは・・・

うーん??(ごめんなさーい)

高齢者の楽器、オタクっぽい楽器・・・

というイメージからどうしても抜け出せ
ない

なぜもっと、オサレなイメージにならない
のか?(日本では難しいのか?)

気になる奏者はいるんだけどなー




コメント(2) 
共通テーマ:音楽

コメント 2

もも

オサレというか、カッコイイと思わせてほしいです。
超絶技巧で上手い!ではなく、奏者の思いが伝わってぞくぞくする感動を味わいたい。
初めてそうじろうさんのコンサート行った時はカッコよさに感動しました。
見た目とか、超絶技巧じゃないんですよ。
思いなんですよね。
by もも (2017-01-30 19:00) 

arata

ももさん どうもです!
宗次郎はまさにですねー
by arata (2017-02-20 17:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

ルミガン
ラシックス