工房系オカリナ ブログトップ
前の10件 | -

亜音 プレリュードがやって来た! その特性は? [工房系オカリナ]

久しぶりのブログアップです

首を長〜くして待っていた最新版『亜音
プレリュード』が届きました

image.jpeg

単管で、最高峰かつ強烈にハードルの高い
オカリナ(完全受注生産、工房で対面での
確認必須、6万4800円)ではありましょう

さて、最高峰とは言えども僕にとっては
どうなのか・・・

過去モデルと比較しながら簡単な検証を
したいと思います

オカリナ業界にインパクトを与えた『亜音
スタンダード』モデルは、音程の不安定さ、
高音の出し辛さを完全払拭、ある意味演奏者
の力量〜技術をオートマチック化した歴史的
オカリナでしたね

不安定な息圧も平準化し、それなりの演奏に
組み立ててしまうのだから、スゴイ!

その反面、演奏者の自由度・表現力は全く
無いに等しい・・・かな

初心者があれこれ悩まず、先ず演奏する!

その目的に対してベターな選択肢ではある
と思います

ところで、安定性を重視したオカリナは、
音質や響きなんかが犠牲になっている場合が
多く、ある程度の経験を積んでくると、それに
気づき物足りなさを感じてしまう

亜音スタンダードの評価が分かれるのは、
そのあたりもあるのでしょう

そこで、『表現力』を重視し、上級者向けに
プロダクトされたのが『エル』

スタンダードとは形状、重さ、吹奏感等
全く別もの

音色はスタンダードより、かなりクリア
で、高音部の伸び&響きは比較できない
ほどです

音程が上がるに連れて息圧も強く入れて
かないと音程が合わないタイプ

この傾向はオカリナに「表現力」を与える
には必須です

スタンダードでは曖昧な息をオートマチック
化してくれたけど『エル』はそれを許しません

自らが音程をコントロールする強い意識と
力量がないと吹きこなしは困難です

『エル』は安定性と表現力が上手に融合
された大傑作であると、僕は感じてます

ステージで安定感も欲しい、でも『唱える』
という贅沢な?リクエストに応えることが
できる数少ないオカリナ

さて、いよいよ『プレリュード』だけど
「エル」といったい何が違うのでしょう?

プレリュードに息を入れた瞬間、軽自動車
から3ナンバーの高級車に乗り換えたような
感覚を覚えました

エルより筐体が一回り大きく、ずっしりと
重い、トーンホールも半端ない大きさです

image.jpeg

外側、内側の作り込みもかなり丁寧に処理
されてます

とにかく緻密な造りで、高級感が溢れます

image.jpeg

なぜ、高級車のような感覚を覚えたのか?

車でいうとまさに「低速からスーッとトルク
が出てくる」感じ・・・

オカリナの低音は殆どが埋もれがちで、
拡散していかないものです

このプレリュードは、丁寧かつ大胆に息圧
流し込むと、低音から驚くべき響きを拡散して
いくのでビックリ!!

image.jpeg

低音部でffの表現ができるオカリナは
ちょっと他に見当たりません

低〜中音部は、芳醇で滑らか・・・ですが

高音部はターボが掛かったかのように豪快に
音玉が炸裂していく感じ

しかし、決して耳触りにならない力強い
響きです

大沢氏のティアーモ初期:ソロ仕様に勝る
とも劣らない、豪快な響きで柔らかさも
備わってるのかなー

しかし必要な息圧はティアーモ:ソロレベル

あらためて、このプレリュード・・・

かなりの上級者かつソロステージ様に的を
絞ったオカリナだと再認識しました

音色だけに限れば『エル』の方が透明感
もあり、柔らかさもあります

コントロールがぜんぜん楽!

プレリュードは、ティアーモのソロ仕様
を安定的に吹きこなせているレベルの
息圧が必須です

高音部のロングトーンには、ティアーモ
の1.5倍ほどの息量が必要、かなりの息食い
であることは間違いありません

このプレリュード・・・
息圧、息質の変化に超クイック反応していく
ので、表現の自由度は無限大です!

しかし、それは特性を完全掌握できたらの話

下手すると多くの方が正しい音程をアジャスト
できない(特に高音部)でしょう

それだけ息圧のキープ力に繊細さが必要なの
です

日頃、SF以下のオカリナを吹かれている方にも
かなり厳しいオカリナと言えるでしょう

息の質と太さが違い過ぎるから・・・

今までの亜音の安定的な特性からすると、
大きな暴れ馬エンジンを積んだレース
カーのよう

潜在的性能はスゴイものがあります

それを引き出し・・・活かすのも殺すのも、
演奏者の技術力と覚悟次第です

以上のことから・・・

「とてつもなく、高性能だけどその癖は
半端ない・・・超個性的なオカリナ」
ってのが現時点での素直な感想です
(僕は大好きだけどね・・)

このオカリナを吹きこなせる方は本当に
ごくごく少数だと思います(興味を持たれ
る方も)

だから、「完全受注+対面」なのでしょう

良いとか悪いとかを超越した、こんなに
トンガったオカリナを企画〜製作してくれた
作者の心意気というかチャレンジに敬意を
表したいです



コメント(1) 

現行「ソルジェンテ」 まごうこと無き唯一無二の音色と響き [工房系オカリナ]

兎にも角にも・・・僕が一番愛している
オカリナ

高貴で清らかな音色、芳醇な響き、モノと
しての質感・・・全てを愛せる

それは、「ソルジェンテ」だ

正直、工房はクロージングしたと思って
いた

なので、僕はAC〜SC×2ラインを大切に
保有している

色んな思いがあって、ソルジェンテは
ややコレクション化してしまっていた
(演奏には殆ど使っていない)

2度と入手できないと思ったから

経緯はさておき・・・

最近「ソルジェンテ」がオカリナを
本格的に供給し始めたことを知った

僕は嬉しさよりも混乱

いったいこれは?

居ても立っても居られなくなり・・・

関西の楽器店まで足を運び、AC管を
試奏してみた

この時の印象は残念だが正直良くなかった

何か納得できない・・・モヤモヤした
気持ちがズーッとing

昔のソルジェンテとは何が違うのか?

それを解明したい!

もう、これは思い切って注文し、じっくり
分析するしかない

そして・・・遂に現行「ソルジェンテ」の
AC菅が届いた!(38,880円/弱息・・・
当時より1万円アップだあ〜)

image.jpeg

まず、軽〜くビックリ

6〜7年前のAC菅×2本と形状や重さ、
質感等を比較してみたけど・・・

えっ?

当時となんら変わっていない
(僕の個体は・・・)

image.jpeg

某楽器店、担当者は「変化あり」とハッキリ
言っていたのだが、それはいったい何だった
のだろう?

image.jpeg

さて、肝心の音色と響き

手持ちの2本は強息モデルなので、やや
吹奏感は異なるが・・・

結論から先に!

昔のソルジェンテ、まんま

ソルジェンテの高音、まさにそれは
「ソルジェンテ=清らかな湧き水」
だった

ただ、このソルジェンテを響かすには
「裏息」が必須

弱息モデルは、曖昧&ラフな息は禁物

トドのつまり、裏息必須の大「響き系」
オカリナっだったってこと

ちょー本音だが・・・

僕の勝手な猜疑心、ネガティヴな要素は
全て吹きとんでしまった

このような思いを持っていたこと、工房
には本当に申し訳ないと思っている

あらためて、現行のソルジェンテ(AC)
は、素晴らしかった

高級なオカリナの部類になってしまった
ソルジェンテだが、その音色と響きは
やはり唯一無二だ

ある意味、純和風な火山系とは対極に
ある

ヨーロピアンなクールさがあり
高音部はとてつもなく清らか

中低音は芳醇で、音色は全般的に
繊細で緻密

そんな、ソルジェンテが現行で味わえる
なんて、僕にとっては夢のようだ

現工房に感謝したい
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

火山系オカリナの新星 工房「土音」現る! [工房系オカリナ]

前から注目していたオカリナでした

火山系オカリナは全て探求するというのが
僕のポリシー

まだ製品化されてない時期の個体をとある
県地区で試奏させて頂いたことがあるの
ですが・・・

あれから、?年・・・

今、そのオカリナ工房「土音(ひじおと)」
のAC管が手元にあります

image.jpeg

製作者はオカリナ奏者でもある「洋介」氏

製作者は火山氏の直系弟子にも学ばれて
おり火山系オカリナのエッセンスを間違い
なく受け継いでいる

image.jpeg

僕が手にしたモデルは「蘭」というプロモデル、
所謂、ソロ用「forte=強息」だ

image.jpeg

一見、小ぶりでありオーソドックスな形状

ひと吹きすると、それは火山系の香り

十分吟味できていないが、音色は「悠」(火山
系では無い)と「無有」を足して2で割った感じ
だろうか

火山系の流れをくみながらも「洋介」氏の
オリジナルティをしっかりと感じることが
できる

音質は素朴で野性味、力強さがある

いかにも土笛という感じだ

しっかりと音に芯があり、高音はまさに
forteで伸びていく

このプロモデルは特筆するポイントが2点ある

最大のポイントはコントロール性と表現力だ

とある方面から「オカリナは単なるオン・オフ
の連続、表現力など無い」と・・・

このオカリナはそんなワード&風潮を真っ向から
否定する

その「解」となる存在だ

とにかく息使いへの反応&追従度が素晴らしく
奏者の意思を見事に変換、表現していく

このオカリナを意のままに操ることができる
上級者であれば、いかにオカリナという笛が
自分の意思と魂をリアルに紡いでくれるか

その事を聴く者も、必ずや体感できることだろう

2つ目は、低音の安定性(吹きやすさ)と
表現性の高さだ

まず、シンプルに驚いたのが低音「シ、ラ」が
異常なほど出しやすいこと

かといって高音部の伸びを全く犠牲にしてない

見事なバランスだ

AC管は何かと高音部の音色、出し易さばかりが
評価軸になっている傾向がある

低音部が語られることは少ない

このソロモデルは「低音で唄える」数少ない
オカリナと断言できる!

とどのつまり、低音域から高音部まで・・・

奏者がこのオカリナの特性を把握できるので
あれば

もう、表現は自由自在!

僕は「土音」のAC管を吹いていて楽しくて
仕方ない

こんな気持ちは久しぶりだ

ああ〜、こんな表現もできるんだねえー

また新たな発見・・・

新たなモチベーションが湧いてくる
コメント(12) 
共通テーマ:音楽

残したオカリナ その1 「ピエタ」プロトタイプ [工房系オカリナ]

ほんとうにオカリナの大整理をしちゃい
ました

綺麗さっぱり! 思い残すこと無しw

その中で残したAC管:1本目は・・・

この「ピエタ」プロトタイプです

image.jpeg

ピエタに関しては何度かこのブログで
取り上げてますかねー

image.jpeg

4-5年前は、AC管が特に個体差が大きく、
初心者に勧めずらい難解系オカリナでは
ありました

また、「優しく丁寧な息が必須でありながら、
息量をがっつり要求する」ってのが、初心者
にはけっこうキツイ

それでも・・・

火山氏の直系であり、円やかで哀愁漂う
音色はとっても魅力的!
(全管に共通する特徴、素晴らしさ!)

このプロトタイプは写真の通り、先っぽが
捨て穴的?にえぐられています

image.jpeg

カンターレのダブルオカリナなんかは
もっと先っぽがバッサリ切り落とされ
てたり〜w

僕的に感じてることは、音の抜けが抜群に
良いこと

また息圧への追従度も増してる感じ

高音部の演奏にセンシティブさが無く、
破綻しずらい

かといって、本来の音色は失われていない

まあ、いいとこ取りの万能タイプなんです
(レギュラー化されなかったのが残念)

最近のピエタは大きな外れが無くなっては
います

しかし、試奏必須のオカリナであることは
変わりありません

機会があれば、ぜひ複数本の中から選択
していただきたいと思います
(安全なのはオカリナハウスでの購入、
オークション&中古はお勧めできません)

哀愁系に属する工房オカリナは数種あり
ますが・・・

ピエタは音色の円やかさと余韻で頭一つ抜けた
存在だと僕は思っています

お値段もリーズナブル

火山系列の進化形オカリナとして味わって
いただけたら幸いです

コメント(2) 
共通テーマ:音楽

カンターレ・オカリナに異変あり? [工房系オカリナ]

数人のオカ友さんから、「最近のカンターレが
どうもオカシイ」という情報が入ってます

僕はカンターレのファンでもあるので、
とても気になってました

直接工房を訪ねEXを入手したのが3年前に
なるので、この間の変化が正直わからない
のです

もう居ても立っても居られない状態www

先日、関東のオカ友さんの好意で最近の
干支、EXカラーズ、GRの試奏機会を
ヤーっと得ることができました

カンターレは未だに個体差が激しい
工房だと理解してるので、1〜2本の確認
だけでは評価はできないなーと思ってます

3本を30分ほどで試奏させて頂いた
のですが・・・

変化をハッキリ感じられたのが、高音
部が、とても出しやすくなったこと

高音ミ、ファ時、左下にぐーっと捻る
ように(または胸に近付ける)構える
必要性がかなり薄れています

初心者には良点ではないでしょうか

次に、残念に思ったこと・・・

僕がイメージしているカンターレの
澄み切った響きではなく、雑味を多く
感じる粗いものでした

個体差なのかは微妙だけど、3本に共通
してたのが、引っかかります

判断が速すぎかもしれません

全般的に吹きやすくはなったけど

それと引き換えに

カンターレの生命線である繊細で透明な
響きが失われたような・・・

近いうちに工房に行って、確かめたいと
思ってます

コメント(10) 
共通テーマ:音楽

亜音オカリナの誤解 [工房系オカリナ]

FullSizeRender.jpg

1)亜音は音が籠もってるの?

2)亜音ってフィルターがかかったみたいに、
全く自分で表現ができないの?

3)亜音ってビブラートが掛かりにくい?

4)亜音ってダンキングがもたつく&クリアじゃ無い?

FullSizeRender2.jpg

亜音に関して、こんな質問をいただくことが
多くなってきました。

かなり誤解があるようです・・・

「亜音の音色」を聞いたことがない方も多い
みたいだし

あと1)~4)のネガティブ?払拭のためにも

<いい加減+大袈裟>に短いフレーズを録音
(ガレージ内)・アップしました。
(素の音、エコーとかソフト的にかけてません)

★強くて早めのダンキング+息圧アタック変化
※雨に濡れても(亜音エル:最新)



★ロング+ビブラート、盛り上がり(抑揚表現)
※追憶(亜音エル:最新)


どうでしょうか、籠り感とか?

ビブラート、かかりませんか?

無機質的で感情表現できませんか?

ダンギングがダマダマになりますか?

亜音エルですが・・・マジでオールラウンド
ですので、安心して下さいwww

コメント(4) 
共通テーマ:音楽

単管と変わらない音質と響き「ティアーモ・ダブル」 [工房系オカリナ]

実は僕、ティアーモの単管を今は一本も保有して
ません。

不思議に思われる方が多いかも?

このブログでも何度か取り上げてきたし
ティアーモとの付き合いは本当に長いですから

なぜ、そうなったかの理由はシンプルで・・・

ティアーモはダブルオカリナに集約してしまった
から(実はこれだけ予備1本あり)

image.jpeg

僕が実際、手にしている時間が一番長いオカリナが
ティアーモ・ダブルだったりします

このダブル、拘りのリクエストを盛り込んで頂いて
るので、とても僕に馴染んでる!

image.jpeg

過去、手にしたどの単管個体(ティアーモの中)
よりも秀逸な音色と響きを持ってることもあり、
これ1本でマジ間に合っちゃう

なので、ダブル管ってことを特別意識すること
無く単管+α的な感じ

また、吹き口移動時の音質差異が、僕の個体には
全く無く、とても切り替えがスムース

image.jpeg

あと、もう一つダブルに手が伸びる理由・・・

僕が一番演奏する、したい曲のジャンルは
古めのJ-pop、ニューミュージック系だったり
するわけです

サザン、ユーミン、杏里、杉山清貴、岡村孝子、
山下達郎、竹内まりや、稲垣潤一とか
うーん、古〜い?

ま〜ず、マトモなオカリナ用楽譜なんてない
わけで・・・

移調して♯♭だらけw の演奏も面倒だし、
ましてや、「管を持ち替えて」なんちゅー
芸当はカンベーンw

J-pop系はAC管の上限「F」+2音あれば、
大体の曲は演奏できちゃう

なので、J-pop専用管としてダブルはベスト

ところで・・・前にも書いたけど

僕は複数管・・・、O氏や関係メーカー、
販社の販促手法、各方面での発言に承服でき
ないことが多く、正直避けてきました。

また、アクロバティック的な演奏に終始して
オカリナ本来の音質、響きを感じない=味気ない
複数管奏者が多いことにも辟易してました

でも、外的なことで複数管に偏見を持っちゃ
いかん・・・と思う今日この頃w

いろんなダブル管を吹き比べてみたけど・・

1)単管と同等の音色、響き
2)吹奏感が単管とほとんど変わらない
3)第1管〜第2管移動時の音質差異(DからE)
が極めて少ない
4)第1管と第2管の吹奏感(吹き心地)差異が
極めて少ない
5)和音でのピッチがバッチリ合う
6)大きさ・重さが苦にならず、握った感触、
運指ともに違和感が無い
7)国産、国内工房作(個人的拘り)

上記、性能上の条件を満たしていたのは、
Osawaとティアーモでした・・・

Osawaの音色はクリアで西洋的、だけど冷たい
(味気ない)ため、7)の理由もあり選択できません
でした(こりゃ好み)

ティアーモ・ダブルはまさに、黒陶プロまんま

無人島に1本オカリナ持って行くなら、僕は
ティアーモ・ダブルかもwww
コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ピエタの方向性はどこに? [工房系オカリナ]

最近のオカリナ新作、リニューアルの
方向性はどうも?です

具体的に言っちゃうと「ピエタ」

「スペシャルバージョン」ってのが出てきました。

どこがスペシャルか・・・

シンプルに言っちゃうと「内部の仕上げをより
丁寧に行った」個体がスペシャル

内部を滑らかに仕上げれば雑味が消えて
よりクリアな音質になるのは当たり前

(阿蘇の匠はその辺りのノウハウをたーんと
保有してる)

しかし、意地悪に解釈すると・・・m(_ _)m

今までの個体は丁寧な内部作業がされて
なかったがために、あの「哀愁サウンド=
雑味」が偶然生まれた・・・って?

うーん、理解に苦しむ〜

まず、ピエタのファンは単にクリアさを
増しただけの個体に魅力を感じるのかな〜

和的で哀愁含みの音色、それが火山系である
ピエタの真骨頂じゃないの?

僕はピエタの大ファンであるが故に、とても
複雑な気持ち

まだスペシャルバージョンを経験して
ないので安易な断定は禁物だけど・・・

とにかーく

良き方向であることを願いたいよー
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

亜音に始まり、亜音に終わる? [工房系オカリナ]

ほんとうに久しぶりの書き込みになります。

やっとオカリナと向きあえる体調と精神に
戻りつつあります。

気分を一新したい、(口実)こともありAC管を
新たに一本、入手しちゃいました。

先日、のんぼう工房で開催された特別展示即売会で
の「亜音エルⅡ 限定AC管」となります。

image.jpeg

なにか、とても懐かしい感じがしました。

image.jpeg

「オカリナ探求=オカリナ迷走」の旅では
ほんとうに多くの個体(主にAC管)との出逢いが
ありましたが、新作の亜音オカリナに触れる
度に今までのオカリナ概念がぶっ飛び、驚かされた
ものです。

「オカリナの安定化」技術の高さを今回の「エル」
にも強く感じました。

現在の「亜音エル」には安定性との引き換えに
感情表現が失われる(誰か吹いても同じ感)
なんてことは微塵もありません。

ほんとうに安定性と表現力が絶妙にバランス
されています。

音色の好き嫌いは個人差があると思いますが、
私は現在の「亜音 エル」は演奏者用オカリナ
として最強ではないかと確信してます。

のんぼうさんの飽くなき技術追求スピリッツは
「オカリナの未来」を予感させてくれます。

僕は亜音に始まり、亜音に終わる・・・のかも
しれません。

コメント(6) 

「オカリナ工房YOKO」の新作は魅力満載+唄えるオカリナへ大変貌! スバラシイ! [工房系オカリナ]

僕の故郷である長野県のオカリナ工房「YOKO」から、(オカ友Tさんの配慮に
より)最新作のAC管(2本)がモニター用として送られきた。

IMG_0014.JPG

最初にこのオカリナを手にしてから、1年以上経つだろうか・・・

IMG_0017.JPG

工房を立ち上げたばかりの横内さん(製作者)さんから、届いた初期作を
試奏したときは・・・

可能性は多いに感じたものの、正直「市販レベルに到達するにはかなり、
時間がかかりそう・・・」と思ったものだ。

その後、何度か改訂バージョンを試奏させていただいたが(厳しい
ことも言わせていただきました・・・(_ _) )、課題となっていた
ポイントがなかなかクリアできず、かな~り試行錯誤されていたし・・・。

ご高齢にも関わらず、チャレンジし続ける横内さんにはただただ頭が
下がるばかり・・・

なんとか、「成し遂げていただきたい!」と願ってはいた。


さて、今回の最新作だが・・・

とにかく、<ビックリ&素晴らしい>・・・それに尽きる。

IMG_0018.JPG

まさに「感涙」モノの出来映え

なんて「素晴らしくバランスの良い(魅力的な)オカリナ」になったんだ!

初期の作品から、僅か1年あまりで・・・・o(^▽^)o スゴイネ

横内さんの弛まぬ努力の賜物に他ならないだろう

試行錯誤されていた歌口形状は「ティアドロップ型」となっており、
高音部は優しい息+αでも破綻することなくクリアに伸びていく

IMG_0019.JPG

多少息圧がラフであっても破綻しない「許容力」を持ったオカリナ
へと、変貌していた。

この性能なら、幅広いニーズに対応できるだろう

また、音程も全般的に安定(特に低音)しており、高音に上って行くに
つれて息量も上げていく(=音程が合う)スタイルだ。

明るく明快な音色は響きも良く、息質への反応もクイックですばらしい

まさに「唄える=表現力のある」オカリナだ!

裏息だの表息だの関係なく、どなたにも「間違いなくおすすめ」できる。

コストパフォーマンス+性能+音色で新作の「YOKOオカリナ」は
とてつもなく魅力溢れるオカリナへと変貌した。

製作者の横内さんの努力、探究心、執念に、敬意を表したいと思います。
コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 工房系オカリナ ブログトップ
ルミガン
ラシックス